ホウムにもどる

Linux便利コマンド集

convert mogrify montage


convert

1つのファイルを変換する。
convert [オプション] 入力画像ファイル名 出力画像ファイル名

【例】 convert in.pgm out.gif

・サムネール形式で画像の一覧表を作成
convert 'vid:*.gif' out.jpg

・gifアニメーションの作成
convert -delay 間隔時間 -loop 回数 使用ファイル名(複数) 新ファイル名

オプション意味
-append複数の画像を縦に結合する(横の長さが等しい必要がある)
-averageイメージを混ぜ合わせる(画像の大きさが同じ必要がある)
-blurぼけた感じにする(0.0%-99.9%)
-border枠をつける(枠の色は、-bordercolor)
-colors指定した色数に減色する
-crops画像を指定した位置から、指定した大きさで切り取る
-draw指定した位置に文字列を記入する
-edge輪郭をはっきりさせる(0%-99.9%)
-emboss浮き彫り効果をつける
-flip鏡に写してひっくり返したような画像にする
-flops鏡に写したような画像にする
-frame枠をつける(枠の横と縦の長さを指定する)
-geometry画像を指定した倍率、またはピクセル数に拡大/縮小する
-interlaceインターレース化する
-monochromeモノクロにする
-negate写真のネガのような感じにする
-raise3Dボタンのように周りを浮き上がらせる(縦と横のピクセル数を指定する)
-rollx方向とy方向にスクロールする
-transparent指定した色を透明化する
top↑

mogrify

複数のファイルを一度に変換する。
mogrify [オプション] 入力画像ファイル名
mogrify -format 出力画像形式 [オプション] 入力画像ファイル名

【例】 mogrify -format gif -geometry 120x200 *.pgm

※オプションはconvertとほぼ同じだが、上の表に挙げた中では-appendと-averageは使用不可。

top↑

montage

複数の画像をまとめて1枚の画像にする。
montage [オプション] 入力画像ファイル名 出力画像ファイル名

【例】 src0.pgm-src9.pgmとresult0.pgm-result9.pgmを、横64pixel・縦96pixelの大きさで、横の間隔2pixel・縦の間隔8pixelで、上下に並べて表示させた画像cmp.pgmを作成する場合
montage -geometry 64x96+2+8 -tile 10x2 src?.pgm result?.pgm cmp.pgm

※用意したタイル数(この場合は10×2=20)よりも表示させたい画像の枚数が多い場合は動画になる。

top↑

Copyright(c)2001 Yoshihiro Satoh